「スプレッド」とはFXは通貨をトレードして利幅を生む商取引です。売買の値は、1日中変動しています。これが為替相場です。テレビのニュースをみていると外貨のマーケットの話題が流れる状況があります。例としてあげると、「ただいまの為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを言い表しています。すなわち、売買には買いと売りの2個の価格が存在する事を示しています。売値のことをビット、買値の事をアスクと提示しているFX会社もあります。普段は買値よりも売値が安く設定されています。自分が買値は高く、売値は安くなるものです。その差額をスプレッドといい、FX業者の収入のひとつといわれています。スプレッドの幅はFX会社によって違います。スプレッドの狭さは自分にとってコストになるので、低いFX取引会社をセレクトしたほうが得します。ただ、同じFX取引会社でも状況に応じてスプレッド幅は大きくなったり小さくなったりします。仮にいつもは円とドルの組合せで1銭のスプレッドの狭さであっても、為替の変化が激しい場面では1銭よりも大きくなったりする場面があります。という事で、スプレッドの広さが狭いのと共に変化しない事が大事です。この頃では決まったスプレッドの幅を示すFX取引会社もあったりします。リアルにFX取引会社のトレード画面で本当の為替相場を調べなければわからないのですが大事な事です。大切な財産を投資して売り買いをするのですから、リアルなトレードの前に、気になる会社の新規取引口座開設を遠慮せずにしてスプレッドの幅を見ておきましょう。同じ通貨の組合せその時点の市場のボラティリティによって、通貨のスプレッドの狭さは異なる場合があります。いつもはインターバンクで取引量の多くて、流動性の高い通貨ペアではスプレッドの広さが小さくあとの外貨ではスプレッドの幅が大きくなるのが普通です。